”矯正治療”はお口の環境を改善する「基礎治療」です

本来、矯正歯科とは、自分の歯をその歯の根っこごと骨の中を移動し、歯並びと噛み合わせを本来あるべき位置に整える基礎治 療です。
それにより、歯磨きも上手に磨けるようになり、虫歯や歯周疾患の予防になり、また歯科治療が正確に出来るようになります。
安定した噛み合わせは、 歯の寿命をのばし、からだ全体の健康にも良い影響をもたらします。8020運動(80歳で20本以上の歯を残す)を見事に達成された方々は、噛み合わせに 大きな問題がなかったという報告がされています。

毎日、お口で食べています

毎日、食事の時に「歯」で噛んで栄養を摂取しています。正しい歯並びと噛み合わせで噛んでいるか否かは、「歯」「あご」「お口の筋肉」「あごの関節」に様々な影響を与えます。大人はもちろんですが、お子様の場合は正しい成長・発育のためにもとても重要です。

「歯並び・噛み合わせ」が悪いままだと
  • 虫歯・歯周病・口臭病に罹りやすい
  • 虫歯や差し歯などの一般歯科治療も正確にできない
  • 顔や顎の歪みや変形の原因
  • 発音や食べ方への影響
  • 口元の表情や顔つきへの影響
  • 全身への様々な影響が起こる

つまり、「正しい歯並び」にすることは、結果的に「健康」と「きれいな口元」、さらには「素晴らしい笑顔」を手に入れることができるのです。

お口のリハビリテーションが大切

また、「正しい歯並び・噛み合わせ」を維持するためには、歯の外側と内側に位置する、舌や口唇などの口腔周囲筋の調和を整えるために、口腔リハビリテーションが大切になります。
当クリニックでは、口腔リハビリテーションの専門家が、口腔筋機能療法(MFT)、表情筋エクササイズ(フェイスニング)をご指導致します。

矯正、いつ始めるべき?

矯正治療を行うにあたって重要になるのが、「口腔管理と指導」です。
二子玉川ガーデン矯正歯科では、小児の顎と咬合の発育育成矯正から成人矯正歯科まで、皆様の口腔に対する指導・管理および治療を行います。
当院では、「矯正歯科」を「予防医学」「健康科学」と捉えています。矯正治療の適切な時期として、「年齢」と「必要な治療内容」によって、大きく3つの時期に分けて考えます。

一期治療:「顎の成長と咬合の育成矯正治療」
乳歯列から永久歯列までの成長期における、歯の交換とあごの成長の異常に対する治療」
成長期のお子様であれば、成長に対して早期から管理することで、良いタイミングで適切な指導・処置を行うことができます。この時期は、顎咬合育成が行え、顔のゆがみの原因にもなる上下のあごの成長のズレを正したりも出来るので、永久歯列の治療が軽減したり、歯を抜かずに治療ができることがあります。
二期治療:「永久歯列の咬合の矯正治療」

1)「すべての歯が永久歯になったところで、機能的な咬合を確立させる治療」
一期治療から管理していれば、良いタイミングで二期の永久歯列の矯正が開始することができます。また、治療は最小限で、歯を抜かずに治療ができるようになったり、治療期間も短くなります。

2)「成人矯正歯科」
成長にない成人の矯正治療は、アンチエイジングのための矯正歯科治療です。歯並びをきれいにするだけではなく、虫歯や歯周病の予防になり、安定した噛む合わせは歯の寿命をのばし、からだの健康にも良い影響をもたらします。

「包括的歯科治療のための矯正治療」:(補綴前処置矯正)
差し歯やブリッヂなどの治療前に、歯の位置や曲がった向きを整える「補綴前処置矯正」を行うことで、理想的で良い歯の治療ができます。

矯正後の経過観察

矯正治療で歯並びがよくなったからといって、安心はできません。なぜなら、移動させた歯は元の位置に戻ろうとするからです。治療後の理想的な歯並びを保つためには「保定」が必要で、保定には歯を移動させていた期間と同等の期間を要します。治療が完了して装置が外れても、油断することなく口腔内の状態をしっかり観察することが大切です。

また、保定期間が終了しても、メインテナンスを兼ねて定期的に検診は受けるようにしましょう。

治療例紹介

小児矯正

交叉咬合の例(7歳のお子様)

片側の前歯の上下が交叉して生えています。そのため、噛み合わせがずれて真ん中が合っていません。また、上の歯の大人の前歯が生える隙間も不足しています。そこで、 上の前歯が4本並ぶスペースをつくり、前歯4本を並べる治療をしました。すると、上下とも大人の歯が4本きれいに並び真ん中も合っています。この状態で、 後の大人の歯が生えるスペースも確保されています。

叢生(乱杭歯)の例(13歳のお子様)

永久歯は全部生えそろっていますが、顎が狭く、上下顎とも歯がガタガタになっていて、さらに真ん中もずれています。この方の場合は、抜歯はせずに特殊な針金を用いて治療しました。しっかりときれいに並び真ん中も合っています。

上顎前突(出っ歯)の例(14歳のお子様)

出っ歯でお口が閉じられない状態です。上顎と下顎の成長にズレがあるため、ヘッドギアを使い、上顎の成長を抑制しながら治療しました。上の歯の小臼歯を左右1本ずつ抜歯しましたが、しっかりときれいに噛み合いました。もちろんお口も普通に閉じられます。もし、この方がもう少し早期から矯正管理ができていたら、抜歯はしなくて済んでいたかも?